空虚感を感じる

院内

わかりにくい症状

人生経験が豊富になってくることによって人としての尊厳を感じられなくなることや、ショックな出来事がきっかけで生きていることが苦痛になる人もいます。これらの総合した感情でもある幸せを感じない病気として微笑みうつ病があり、どのような症状になるのかというと自分では気がつきにくいといわれています。まず注目したいのはライフスタイルのルーティンのなかで、今までは感じたことがない空虚感を感じるようになってしまうこともあります。その他にも集中して仕事ができなかったり、きちんと片付けていたことが大雑把なことばかりになってしまうことで部屋が散らかった状態です。友人との遊ぶ約束をドタキャンしたり急にその場所に行きたくなくなるなども、微笑みうつ病の症状のひとつといわれています。幸せを感じない病気としてでてくるために、早期回復させるには精神科や心療内科でカウンセリングを受ける必要があります。また重症になってくると自己コントロールしようとおもってもなかなかできないのも、薬物療法で治すことが先決になる可能性があるからです。うつ病などの症状に悩む人はアジア圏でも中国に次いで日本が多いといわれているので、家族や周りの人がいち早く気がついて専門病院へ連れていくことが第一歩になります。

幸せを感じない病気でもある微笑うつ病は、普段の生活では笑ったり楽しんだりすることもある反面、急に協調性がなくなったりすることで人との関わりが億劫になることもあります。そのために特別大きな種類はありませんが、うつ病としての定義の中では「陰にはいる」ものではなく「陽である」人でもうつ病になっているということを意識しておくことです。通常のうつ病であれば仕事仲間や家族も異変に気がつきやすく、すぐに心療内科などにアドバイスを求めることができます。そして精神療法や薬物療法をやってみて回復することができるので、脳神経との関係を考えてコントロールすることも可能です。反対に微笑みうつ病では、日常生活に特別変化がなく、いつもどおりだとおもったら急に症状がでるためにわかりにくいこともわかっています。幸せを感じない病気としてはどちらもありうることですが、微笑みうつ病の場合見分け方として2週間経っても同じ症状が続く場合には専門クリニックへ行くことです。もちろん治療をするには食事の栄養バランスを考えたり、規則正しい生活やサポートすることによって健康な暮らしをすることも前提となります。その中で疲れている身体を癒すために休養したり、カウンセリングによる精神療法や薬物療法をやってみることが大切です。